派遣から正社員になる方法

派遣から正社員になる方法 派遣から正社員になりたい

派遣スタッフとして働く場合、一部専門職を除くと、最長3年までと一カ所で働ける期間が限定されています。しかし、派遣スタッフの方の中には、まずは派遣スタッフとして働いて、後に正社員になりたい。と希望されている方も、もちろんいらっしゃいます。

そんな場合、どうしたらいいのでしょうか?普通に就職活動をする?それとも派遣で働く?大丈夫です。後に正社員雇用の受けられる可能性のある派遣もあるんです。

紹介予定派遣

派遣先企業に直接雇用されることを予定した派遣制度

紹介予定派遣の場合、まずは派遣先企業で一定期間(三カ月~半年間)派遣スタッフとして働き→契約期間満了時に双方の合意があれば、そのまま派遣先企業で正社員になることが可能です。
※派遣先企業が採用を拒否する場合、その理由を派遣会社または派遣スタッフの求めに応じ、理由を明示する必要があります。

どんなメリットがあるの?

せっかく沢山の時間をかけた就職活動も、いざ企業に就職し働いてみると、それまで見えなかった会社の雰囲気や、人間関係、仕事量や残業の多さなど、こんなはずじゃなかった。。と退社してしまうケースは決して少なくありません。

ですが、紹介予定派遣であれば、実際に派遣先企業で一定期間を派遣スタッフとして働くため、上記のような問題は少なくなり、派遣先企業と派遣スタッフの双方が合意の場合、スムーズに派遣先企業で正社員として働き始めることができます。

派遣スタッフから正社員になると変わること

派遣スタッフから正社員になると、さまざまなことが変わります。

まず期間を限定されないので、安定して長く働くことが可能となります。言い換えると、長く働く覚悟がいるということにもなります。上司や同僚との付き合いも、長く勤めるのであれば、円滑な人間関係を構築するには大切にする必要があるでしょうし、残業が増えるケースもあるかもしれません。さらに、派遣スタッフ時にはついていた残業代がつかず、正社員の場合、サービス残業となってしまう場合もあり、派遣スタッフで働いていた時より、給与が少なくなる場合もあります。

いかがでしたか? 自分に合ったお仕事さがしもやっぱり大変ですね。
宜しければ、お仕事ハッケン!で実際に求人をさがしてみてください。

  • 2016年12月23日
お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-91-8854

9 : 00〜18 : 00(土・日・祝休)

メールでのお問い合わせ